<PR>

美容室・美容院・サロン スマートフォン対応 ホームページ制作

タグ別アーカイブ: クーポン

美容室の集客目的の広告

WEB集客0円【エキテン】

最近集客ということにとても興味があります。

というのも、今までの紙ベースのものからインターネット広告にかなりの部分がシフトしてきたからです。

たとえば私のよく行く美容室ではハガキの類いはもうなくしたんだそうです。

私が先日「そういえば最近誕生日のはがきとか来ないですよね?前はクーポンがもらえて楽しみだったのに」と言うと、「あ!はがきは希望する人だけにしか出さなくなったんですよ。その代わりさらに割引率を少しよくしたものをメールで直接送っています」とのことでした。

私のように時代のシフトに気づかないまま放ってある人もたくさんいるとは思うのですが、それでも全体的にはどんどんネットのペーパーレスに移行しているようです。

集客に関する観点からもお店がFacebook(フェイスブック)をやったり、そこでお友達を紹介したら半額などやっているので、完全に集客方法も変わってきたなという印象を受けています。

私も必死に時代に乗り遅れないようにしなければと思いました。

美容室集客で成功する

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客の難しいところは、いくら集客に重きを置いて、それが成功したとしても、それだけでは利益にはつながらないというところです。
集客はもちろん大事ですが、美容室経営の中核を担うのはリピーターだからです。

つまり、集客の段階から、それがリピートにつながるかどうか、ということを念頭に置いて行わなければなりません。
リピートを考えずに、ただ闇雲に割 引キャンペーンやクーポンでお客を集めたとしても、一時的な効果しかないだけでなく、その為に使った人件費等でマイナス経営になってしまう可能性さえあり ます。

とはいえ集客に労力を割くのが全く無駄という訳でありません。むしろこれからの美容室経営において、HPやSNSを中心としたインターネットでの集 客は必須といっていいでしょう。

ポイントは「何らかのきっかけでHPを見る」→「来店しようと思う」→「リピーターになりたいと思う」という流れをおさえ ることです。この→の部分がスムーズにいけばいくほど、集客は成功していると言えます。

美容室 集客方法

WEB集客0円【エキテン】

私の通っている美容室での集客方法はやはり紹介という形がメインですが、
様々な工夫をして集客しています。

新規の方を紹介すると、紹介者に1000円分の割引、新規の方は
メニューが50パーセント引きという風になっています。

ここはもともと全てのメニューが地域の中では少し高めの設定なので、
50パーセント引きだとかなりお得な感じがします。

他の集客方法としては美容室が入っているビルのエレベーターに
美容師さんの顔写真入りの名刺が置いてあり、それを持っていくと
30パーセント引きになるというものです。

一度行くと会員カードが作られ、施術メニューごとにポイントが溜まり、
そのポイントは500ポイントから金券に換金出来て次回の施術時に
使えるというシステムです。

またポイントはシャンプーやトリートメントなどのアイテムとも交換できます。

誕生日にはハガキが来て1000円分の割引チケットとして使えます。
メール会員になって、そこから施術の予約をすると、電話予約時よりもポイントが多くつくというシステムとなっていて、美容師さんが施術中に電話に出る回数を減らすことで、中断することなく、作業効率アップになっていると思います。

サービスの良いところには誰でも続けていこうと思いますので、集客のための工夫はとても大事だと思われます。

美容院の集客方法

WEB集客0円【エキテン】

美容院やネイルサロン、エステサロンなどの集客方法は、地域によって大きく違います。
例えば、都会では人口が多く、競争店が多いこともあり、
他の店よりもいかにサービスをよくしていくかが大切になってきます。

主な客は若者ですが、ネットや雑誌などにあるクーポンを使うことが多いため
割引目的のクーポン券を発行することでたくさんのお客が集まってきます。

また、ネットでお店を探す人が多いため、ホームページなどを開設して宣伝することが
有効になってきます。

一方、地方になるとクーポン券があまり流通しておらず、口コミが主流になってきます。
また、ターゲットとするお客の年代層にも違ってきます。

例えば、男性にも利用してもらえるように配慮したり高齢者にも利用しやすいように、バリアフリーやお店の雰囲気に配慮することもあります。

主な利用者は、お店から近い場所に住んでいる住民であるため、周辺にすんでいる人の
年齢層や人口構成などを調べてから集客方法を考えていきます。

どちらにも共通することとしては、口コミが集客には大切であることです。

来客した人が友達に紹介してくれるため、開店時のお客さんを大切にしていことが重要だと思われます。

美容室・美容院・ヘアサロンの集客傾向

WEB集客0円【エキテン】

美容室は現在集客に苦労している店舗が多いようです。

近年、格安サロンが増加しており美容室を利用していた方も、
そちらへ流れているという状況が顕著に現れております。

しかし、人気店はあるのです。

全てが格安サロンに負けているわけではありません。
クーポンを大量に発行している店舗もありますが、この効果はいかほどなのでしょうか?

そこで、お客様が美容室を選ぶときに何を基準にしているかを確認してみましょう。
とあるアンケート結果ではじき出されたのはこのような結果でした。

最も多かったのは料金。

次に場所、ついで美容室の内観でした。

ちなみにクーポンはランキング圏外だったようです。

では、今通っている美容室に行き始めたキッカケを伺うと、
多くは友人や家族の紹介のようです。

30代までの若い年代層ですとインターネットやクーポンがキッカケだという回答があり、60代あたりになると、近所だから行ってみたというのが多かったようです。

ここでヒントになのは、店舗のターゲットはどの年代か?

店舗が売りにしている商品は何か?

美容室の集客にぜひヒントにしてみてください。

美容室の集客方法は多店舗との差別化を

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客についていうと、例えば、山梨県甲府市では美容室の数が年々増加し、今では美容室の激戦区となっています。美容室は技術を販売する職業ですので、利益率が高く、大きな土地も必要ないことからここまで増加してきているのだと思います。

お客さんにとって、数多くある美容室からそのお店を選ぶにはなにか理由があります。その理由をつくりだすのが美容室の集客においてとても重要になっ てきます。私の住む地域にはフリー情報誌が何種類かあるのですが、その中身の半分は美容室の広告となっています。広告の内容を見ていくと、「新規様に限り ○○円」「新規様には当店オリジナルシャンプーをプレゼント」などのお店独自の特典を付け、新規顧客の開発を行っています。

リピーター対策としては、バースデークーポンやポイントカードを発行して他店舗への流出を防ぎ、また接客においても親しみをもった接客をし、親近感 を持たせています。激戦となる美容室業界において、他店舗にはない独自の集客方法を打ちだすことが、今後生き残れるかに大きく影響してきます。

美容室の集客はやり方と手段は色々です。きちんと設計された集客戦略を実施しましょう。

<PR>