<PR>

美容室・美容院・サロン スマートフォン対応 ホームページ制作

タグ別アーカイブ: スタッフ

美容室のネット・SNS活用集客

WEB集客0円【エキテン】

個人的な印象ですが、美容室を経営されている方や、スタッフの方はインターネットにも詳しい方が多い様に思います。

iPadが流行した時には、嬉々として解説をしてくれたスタッフがいるお店は、日本全国にあったと思います。

お店の公式WebサイトやTwitter等で、今のお店の混み具合や、思った事等を呟く事は多くの美容室で行われているのではないでしょうか。

疑問点としては、わざわざ美容室のTwitterをフォローしてくれるコアなお客さんが、どれ位いるのだろうかと言う事です。

美容室の集客ツールとして考えてみると、WebやTwitterよりもSNSの方が優れているのかもしれません。

SNSの強力な部分は、ユーザー同士でコミュニケーションを作ってしまうと、そこから抜け出す事が難しい点です。

私は先日までダイエット関係のSNSを利用していたのですが、同じ痩せると言う目的を持ったユーザーとコミュニケーションを取る事で、減量へのモチベーションを保つ事ができました。

これと同様に、同じ美容室のお客さんと言うコミュニケーションを構築する事で、長く集客を続ける事ができると思われます。

集客が多い美容室

WEB集客0円【エキテン】

美容室の人ってオシャレですよね。服装もオシャレだし、話しも上手な人が多いように感じます。

私が、美容室に行く時には、気分転換をしたい時や、ストレス解消の時が多いのですが、皆さんはどうでしょうか?

綺麗な明るい店内に、気さくな店員さん。髪の悩みを聞いてくれて、自分のなりたい私になれたら、、、そんな美容室は集客が伸びるのではないでしょうか。

リラックスできる店内、音楽が流れていて、待ち時間に飲み物がでたり、マッサージしてくれたら最高です。

いつもとは場所での気分転換ができて、いつもとは違う自分になれる場所が、私にとっての美容室です。皆さんも、思い当たる事があるのではないでしょうか。

日々の生活に疲れてしまったりすると、なかなか気分を変えるのは難しいですよね。髪を切ることは、女性にとっては特に意味があるではと思います。

日々、子育てに疲れたママさん達には、保育士さんがいる託児所付きの美容院が人気があり、集客率も高いようですよ。私も久々に髪を切りたくなりました。

美容師の集客方法

WEB集客0円【エキテン】

駅前のビルに美容室がある。

入ったことにはないのだけれど、すっきりと白い雰囲気がガラス越しにうかがえ、オレンジ色であしらわれた店名のロゴが可愛らしい感じのお店だ。

しかしながら、そいつはいただけないと思うことがある。

それは彼らが展開しているチラシ配りによる「集客方法」のことだ。

駅前ということで人通りがなかなかある。

美容師世界のことはよく知らないのだけど、美容師のタマゴらしき男性女性が美容師と一目で分かるようなオシャレ感あふれる格好で歩道に立って「びよーしつでーす」とまったくやる気もなく、とても怠そうにチラシを配っているのだ。

あくまで接客サービスを提供する上に、ある種のクリエティビティが必要とされるだろう職種なのにその態度はないだろう。

アシスタントは雑用雑用で疲 れているし、チラシを配るためにその店に入ったんじゃないことは分かっている。
でも、お客さんが獲得できるかもしれないチャンスを掴もうとしている時に、 そんな「病室です」と聞こえかねない態度で行うのはいかがなものだろう。

集客の本道は美容室の腕

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客を考えると、男性が良く行く床屋さん、つまり理容室に比較した場合それほど地域的な条件に縛られない様に思います。

例えば私の行きつけの美容室は、マイカーで30分走った隣の市に位置します。

私と同様に、少々遠方でも、お気に入りの美容室に行く為なら気にしないと言う方は多いのではないでしょうか。

ところが理容室の場合、「隣の市の床屋さんに自動車で通っているんだ」と言うと、不思議な顔をされる事でしょう。

従って、美容室の集客においては、あまり地域密着型に限定する必要は無いのかもしれません。

私が、わざわざ遠方の美容室に通う理由は、担当してくれる美容師の方の腕が確かな事と、私の好みにあっている事、それと、ある程度ルーズな事です。

以前、他の美容室に浮気をした事もあったのですが、毎月毎月、律儀にダイレクトメールを送ってくる事に辟易をしてしまい、いつしか足が遠のいてしまいました。

今通っている遠方の美容室は、2ヶ月程度放置していてもダイレクトメールも送ってこない、それがルーズと言う意味です。

美容室の集客における本道は、結局の所、美容師の方の腕の善し悪しに尽きると思われてなりません。

<PR>