<PR>

美容室・美容院・サロン スマートフォン対応 ホームページ制作

タグ別アーカイブ: スマートフォン

Googleモバイルフレンドリー対応で美容室集客

WEB集客0円【エキテン】

美容室のホームページにおいて、スマートフォン(スマホ)に対応させることは、集客においては必須と言えます。

スマートフォン(スマホ)に対応していない場合は、パソコンサイトが表示されるので、画面(文字や画像)は小さく、表示速度も遅く、昔ながらのFLASHなどはスマートフォン(スマホ)では非表示になるので、せっかくホームページを見に来てくれた訪問者=見込み客を、失ってしまう可能性が高くなるのです。

本来であれば、ホームページを検索し、雰囲気や料金あるいはスタッフを見て、そのままネットや電話で予約をし、店頭で画面に表示されたクーポンを見せる。さらに気に入った場合は、スタッフブログやクーポンの更新を閲覧する。
…スマートフォン(スマホ)に対応しないことで、こうした機会をすべて失ってしまうので、美容室への集客という観点からは最悪の選択とも言えるでしょう。

さらに最近では、ホームページをスマートフォン(スマホ)に対応させないデメリットは、これだけではなくなってきました。

美容室のホームページを見る場合、たいていはチラシ等に掲載されたURLを入力するか、美容室名や地域+美容室などでインターネット検索すると思います。

後者のインターネット検索において、Googleは2014年11月から、スマートフォン(スマホ)向けに最適な表示をしているホームページの場合、検索結果に「スマホ対応」という文字が表示されるようになりました。

このスマホ対応しているホームページを、Googelでは「モバイルフレンドリー」と呼んでいます。

このモバイルフレンドリーですが、2015年4月より、モバイルフレンドリーなホームページ=スマートフォン(スマホ)における表示が最適化されているホームページは、スマートフォンのGoogle検索結果で、掲載順位が上がるという対応を始めました。

例えば”とある”キーワードで、パソコンで検索した場合は検索結果が3位だったに美容室ホームページが、スマートフォンで検索した場合は2位や1位になる可能性が出てきたということです。

もちろん、全ての美容室ホームページの順位が、スマートフォン(スマホ)からの検索で掲載順位が上がるわけではありませんが、逆を言えば、未対応なホームページの場合は順位が下がる可能性もあるわけです。

ホームページから美容室への集客という観点からすると、スマートフォン(スマホ)に未対応=モバイルフレンドリーではないホームページは、見た目や使い勝手だけではなく、検索結果からも見込み客を失うという二重の苦しみを味わうことになります。

もしまだ美容室ホームページがスマートフォン(スマホ)に未対応な場合は、美容室への集客アップを狙うためにも、早急にスマートフォン(スマホ)対応を検討する必要があるのではないでしょうか。

美容室の集客はスマートフォンの時代

WEB集客0円【エキテン】

美容室のホームページから集客を考えている場合、近年では「スマートフォン(スマホ)」が重要なキーワードになってきています。

ニールセン社によるスマートフォン(スマホ)利用状況レポートによると、2013年~2014年の1年間で、パソコンの利用者が減少しているのに対して、スマートフォン(スマホ)利用者は41%も増えているとの報告がありました。
2015年以降もスマートフォン(スマホ)利用者は確実に増えると言われています。

インターネットにおけるホームページの閲覧も、今ではスマートフォン(スマホ)が主流になってきていますが、美容室のようにリアルな店舗をもつ場合は、その割合も顕著と言えます。

実際、Google Analyticsでいくつもの美容室ホームページを分析すると、iPhoneやAndroid端末からの訪問数は、平均して70%前後で、美容室によっては80%を超える場合もあります。
一般的な企業サイトの場合は、業種によって異なりますが、おおよそ40~50%程度ですが、美容室ともなるとスマートフォンからの閲覧は一気にはねあがるのです。

利用シーンで考えた場合、いつでもどこでも気軽に美容室を検索でき、スマートフォン(スマホ)からネットや電話で予約をし、店頭では画面でクーポンを見せるなど、飲食業界同様に需要が非常に高いことが理由に挙げられます。

こうした中で、スマートフォン(スマホ)に対応していないホームページは、表示も最適化されていないため、直帰率や離脱率も高くなるのは避けられない状況です。

美容室のホームページをスマートフォン(スマホ)対応させることは集客においては必須であり、対応しない場合は多くの見込み客を失ってしまう恐れがあるわけです。

特に若い年代をターゲットにしている美容室の場合は、スマートフォン(スマホ)未対応のホームページを運用するこは逆効果にもなりかねないとも言えるでしょう。

最近ではスマートフォン(スマホ)に対応したホームページ制作サービスや予約システムも増えてきました。

もちろん、闇雲に対応させればよいわけでもなく、サービスによって善し悪しはありますが、まだ未対応の場合は、導入を検討したほうが良いと思います。
ホームページから美容室への集客に想像以上の効果をもたらすかもしれません。

美容室集客のポイント

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客方法は、地域性と狙う顧客層によっても変わってきます。例えば商店街の中の店舗のような、地域密着型の美容室であれば、古典的な 方法ではありますが、ポスティングやチラシ配り、また通りすがりにすぐ美容室だとわかるような設計、路面店舗でなければわかりやすい案内の看板を出す、と いったことが効果的な集客方法になるでしょう。
一方最近集客方法として知名度をあげてきているのは「クーポン」です。数々の美容室がクーポン雑誌やクーポンサイトに名前をのせていますが、クーポン利用 の顧客の定着率というのは非常に低い、ということが現実としてあります。これは美容業界に限ったことではなく、クーポン割引を美容室のお試しとして使うの ではなく、ただ施術を安くあげるために使用する顧客のほうが圧倒的に多いことによるものです。

そして、PCとスマートフォンの両方に対応したホームページの作成は、もはや必須といえるでしょう。メールフォームを利用した予約方式も、電話を嫌 う傾向にある顧客層に人気があります。ホームページ集客をメインにしても良いでしょう。まだ気が付いていないところも多いようですが。

<PR>