<PR>

美容室・美容院・サロン スマートフォン対応 ホームページ制作

タグ別アーカイブ: ネット集客

Googleモバイルフレンドリー対応で美容室集客

WEB集客0円【エキテン】

美容室のホームページにおいて、スマートフォン(スマホ)に対応させることは、集客においては必須と言えます。

スマートフォン(スマホ)に対応していない場合は、パソコンサイトが表示されるので、画面(文字や画像)は小さく、表示速度も遅く、昔ながらのFLASHなどはスマートフォン(スマホ)では非表示になるので、せっかくホームページを見に来てくれた訪問者=見込み客を、失ってしまう可能性が高くなるのです。

本来であれば、ホームページを検索し、雰囲気や料金あるいはスタッフを見て、そのままネットや電話で予約をし、店頭で画面に表示されたクーポンを見せる。さらに気に入った場合は、スタッフブログやクーポンの更新を閲覧する。
…スマートフォン(スマホ)に対応しないことで、こうした機会をすべて失ってしまうので、美容室への集客という観点からは最悪の選択とも言えるでしょう。

さらに最近では、ホームページをスマートフォン(スマホ)に対応させないデメリットは、これだけではなくなってきました。

美容室のホームページを見る場合、たいていはチラシ等に掲載されたURLを入力するか、美容室名や地域+美容室などでインターネット検索すると思います。

後者のインターネット検索において、Googleは2014年11月から、スマートフォン(スマホ)向けに最適な表示をしているホームページの場合、検索結果に「スマホ対応」という文字が表示されるようになりました。

このスマホ対応しているホームページを、Googelでは「モバイルフレンドリー」と呼んでいます。

このモバイルフレンドリーですが、2015年4月より、モバイルフレンドリーなホームページ=スマートフォン(スマホ)における表示が最適化されているホームページは、スマートフォンのGoogle検索結果で、掲載順位が上がるという対応を始めました。

例えば”とある”キーワードで、パソコンで検索した場合は検索結果が3位だったに美容室ホームページが、スマートフォンで検索した場合は2位や1位になる可能性が出てきたということです。

もちろん、全ての美容室ホームページの順位が、スマートフォン(スマホ)からの検索で掲載順位が上がるわけではありませんが、逆を言えば、未対応なホームページの場合は順位が下がる可能性もあるわけです。

ホームページから美容室への集客という観点からすると、スマートフォン(スマホ)に未対応=モバイルフレンドリーではないホームページは、見た目や使い勝手だけではなく、検索結果からも見込み客を失うという二重の苦しみを味わうことになります。

もしまだ美容室ホームページがスマートフォン(スマホ)に未対応な場合は、美容室への集客アップを狙うためにも、早急にスマートフォン(スマホ)対応を検討する必要があるのではないでしょうか。

美容室の集客はスマートフォンの時代

WEB集客0円【エキテン】

美容室のホームページから集客を考えている場合、近年では「スマートフォン(スマホ)」が重要なキーワードになってきています。

ニールセン社によるスマートフォン(スマホ)利用状況レポートによると、2013年~2014年の1年間で、パソコンの利用者が減少しているのに対して、スマートフォン(スマホ)利用者は41%も増えているとの報告がありました。
2015年以降もスマートフォン(スマホ)利用者は確実に増えると言われています。

インターネットにおけるホームページの閲覧も、今ではスマートフォン(スマホ)が主流になってきていますが、美容室のようにリアルな店舗をもつ場合は、その割合も顕著と言えます。

実際、Google Analyticsでいくつもの美容室ホームページを分析すると、iPhoneやAndroid端末からの訪問数は、平均して70%前後で、美容室によっては80%を超える場合もあります。
一般的な企業サイトの場合は、業種によって異なりますが、おおよそ40~50%程度ですが、美容室ともなるとスマートフォンからの閲覧は一気にはねあがるのです。

利用シーンで考えた場合、いつでもどこでも気軽に美容室を検索でき、スマートフォン(スマホ)からネットや電話で予約をし、店頭では画面でクーポンを見せるなど、飲食業界同様に需要が非常に高いことが理由に挙げられます。

こうした中で、スマートフォン(スマホ)に対応していないホームページは、表示も最適化されていないため、直帰率や離脱率も高くなるのは避けられない状況です。

美容室のホームページをスマートフォン(スマホ)対応させることは集客においては必須であり、対応しない場合は多くの見込み客を失ってしまう恐れがあるわけです。

特に若い年代をターゲットにしている美容室の場合は、スマートフォン(スマホ)未対応のホームページを運用するこは逆効果にもなりかねないとも言えるでしょう。

最近ではスマートフォン(スマホ)に対応したホームページ制作サービスや予約システムも増えてきました。

もちろん、闇雲に対応させればよいわけでもなく、サービスによって善し悪しはありますが、まだ未対応の場合は、導入を検討したほうが良いと思います。
ホームページから美容室への集客に想像以上の効果をもたらすかもしれません。

美容室集客に最適なホームページとは

WEB集客0円【エキテン】

今の時代、美容室へ来店するお客さんは、大抵一度は事前にホームページを見ています。

「たまたま通りかかって気になった」「チラシを見た」「クーポンサイトで気になった」と、来店動機は様々ありますが、興味を持った場合は、まずはその美容室のホームページを見に来るのです。

実際にその美容室へ足を運ぶかどうかは、美容室ホームページにかかってくるので、集客できるできないかは、ホームページという営業マンに託されていることになります。

では、美容室に最適且つ集客もできるホームページは一体どういった内容なのでしょうか。

重要なことは、ホームページを見て、その美容室に行きたくなるような構成とコンテンツを盛り込むことです。

よく可愛いモデルさんだらけのヘアカタログを中心にした、美容室ホームページを見かけますが、それだけでその美容室に集客できるのでしょうか。
見た目がオシャレなホームページであれば集客できるのでしょうか。
格安クーポンさえあれば永遠に集客できるのでしょうか。

見た目がオシャレなだけ、ヘアカタログだけ、安いだけといった美容室ホームページは、競合美容室と差別化できているとは言えません。
ホームページを介した来店動機にはつながりにくいのが現実です。

大切なことは、本当にその美容室が良いのか答えていくホームページであるかどうかです。

実際に美容室ホームページをアクセス解析してみると、例えばスタッフブログやお客様の声といったコンテンツを導入しているホームページが集客効果を上げていたりします。

よくある質問を、些細なことでもたくさん掲載して、信頼とアクセス、そして来店を増やしている美容室ホームページもあります。

また、お客様に許可を得て、後姿のビフォアー/アフター写真を掲載したスタイル情報がある美容室ホームページがあります。リアルな雰囲気を伝えることで安心感を与え、興味を促進するという差別化ができています。
実際、そのコンテンツ(ページ)へのアクセス数は非常に多く、来店動機につながっている=高い集客効果が生まれています。

競争に勝ち残るためには、ホームページでもアイデアと努力で、差別化が必要なのです。

メニューと料金にスタッフ紹介、そして安いクーポンさえ置けばいい…そんな美容室ホームページの時代は終わっています。

そしてもう1つ大切なことが、ホームページのスマートフォン化です。
これについては、後日書こうと思います。

ネット・ホームページによる美容室集客

WEB集客0円【エキテン】

アーティスト系の有名美容室のHPは、軒並みデザイン重視で見にくい、という傾向にあります。
これはHPが集客目的ではなく、むしろブランディングのためにつくられている、ということです。

そういった美容室は、雑誌等の他媒体、芸能人のブログやインタビューでの紹介といった集客方法を多量にもっているため、現在のところはそういったホームページ(HP)でも十分に役目を果たしているといえるのです。

当然この方法は、一般的な美容室では通じる手段ではありません。
もちろん、美容室のHPを顧客がみる目的の中には、センスを判断するということも含まれてはいますが、それ以上に集客のためには「情報が見やすいこと」「検索にひっかかりやすいこと」が重要になってきます。

以上の点を効果的に行うために、専門のデザイナーや業者を利用するのもよいかと思います。

検索対策としては、外部ブログをリンクして更新するのも効果的です。
Facebook(フェイスブック)利用も広まってきてはいますが、現在のところ、HPからFacebook(フェイスブック)へ誘導という形が多いことから、優先順位としてはHPとブログが上ということになるでしょう。

これからの美容室集客

WEB集客0円【エキテン】

美容室を営業する上で、集客は外すことができません。店舗を構えてあとはお客様がくるのを待つだけ、というのが美容室や飲食店の経営ですが、これは当然、客がこなければ商売にはならないということでもあります。

かといって義務としてこなすだけではもったいないのが、美容院の集客という分野です。
美容院業界では、いまだに旧態以前の集客方法しかしていない店舗も多く、一見住み分けで落ち着いてしまっているようにみえる地域性の高い店舗でも、集客方法を一歩進めることで、抜きん出た売上を上げることも可能かも しれないのです。

現在それなりに経営をしている、ということであっても、この先を見据えた集客は必須です。

特に費用や人件費が必要にならない、HPやSNSを利用し た集客、宣伝は、積極的に考えていい事例だと思います。
またネットツールは、集客と同時にマーケティングもできるという点でもアドバンテージがあります。

キャンペーンや割引で一時的な顧客を得るよりも、リピーターを得る努力へ集客方向を向けていきましょう。

美容室の集客目的の広告

WEB集客0円【エキテン】

最近集客ということにとても興味があります。

というのも、今までの紙ベースのものからインターネット広告にかなりの部分がシフトしてきたからです。

たとえば私のよく行く美容室ではハガキの類いはもうなくしたんだそうです。

私が先日「そういえば最近誕生日のはがきとか来ないですよね?前はクーポンがもらえて楽しみだったのに」と言うと、「あ!はがきは希望する人だけにしか出さなくなったんですよ。その代わりさらに割引率を少しよくしたものをメールで直接送っています」とのことでした。

私のように時代のシフトに気づかないまま放ってある人もたくさんいるとは思うのですが、それでも全体的にはどんどんネットのペーパーレスに移行しているようです。

集客に関する観点からもお店がFacebook(フェイスブック)をやったり、そこでお友達を紹介したら半額などやっているので、完全に集客方法も変わってきたなという印象を受けています。

私も必死に時代に乗り遅れないようにしなければと思いました。

美容室集客で成功する

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客の難しいところは、いくら集客に重きを置いて、それが成功したとしても、それだけでは利益にはつながらないというところです。
集客はもちろん大事ですが、美容室経営の中核を担うのはリピーターだからです。

つまり、集客の段階から、それがリピートにつながるかどうか、ということを念頭に置いて行わなければなりません。
リピートを考えずに、ただ闇雲に割 引キャンペーンやクーポンでお客を集めたとしても、一時的な効果しかないだけでなく、その為に使った人件費等でマイナス経営になってしまう可能性さえあり ます。

とはいえ集客に労力を割くのが全く無駄という訳でありません。むしろこれからの美容室経営において、HPやSNSを中心としたインターネットでの集 客は必須といっていいでしょう。

ポイントは「何らかのきっかけでHPを見る」→「来店しようと思う」→「リピーターになりたいと思う」という流れをおさえ ることです。この→の部分がスムーズにいけばいくほど、集客は成功していると言えます。

美容院の集客方法

WEB集客0円【エキテン】

美容院やネイルサロン、エステサロンなどの集客方法は、地域によって大きく違います。
例えば、都会では人口が多く、競争店が多いこともあり、
他の店よりもいかにサービスをよくしていくかが大切になってきます。

主な客は若者ですが、ネットや雑誌などにあるクーポンを使うことが多いため
割引目的のクーポン券を発行することでたくさんのお客が集まってきます。

また、ネットでお店を探す人が多いため、ホームページなどを開設して宣伝することが
有効になってきます。

一方、地方になるとクーポン券があまり流通しておらず、口コミが主流になってきます。
また、ターゲットとするお客の年代層にも違ってきます。

例えば、男性にも利用してもらえるように配慮したり高齢者にも利用しやすいように、バリアフリーやお店の雰囲気に配慮することもあります。

主な利用者は、お店から近い場所に住んでいる住民であるため、周辺にすんでいる人の
年齢層や人口構成などを調べてから集客方法を考えていきます。

どちらにも共通することとしては、口コミが集客には大切であることです。

来客した人が友達に紹介してくれるため、開店時のお客さんを大切にしていことが重要だと思われます。

美容室の色々な集客方法

WEB集客0円【エキテン】

美容室はどこへ行こうかと女性なら考えると思います。町中に2軒、3軒とある美容室のうち、どこへ行こうかと、たいてい人通りが多くて目につきやすいところは集客している様子があります。

駅前の近くはとくに立地条件としては集客に適しているようです。それ以外にも、広告雑誌を見て、キャンペーンをやっているとか、髪型に凝っているならヘアカタログから選んでカットパーマするケースもあるでしょう。

美容室のネット集客の手段として、ホットペッパーとかグルーポンのような大手のクーポンもある程度集客するとは思います。
マンションやアパートのポストには美容室のビラが入っていることもあるし、駅近で手渡しで配っている女性も見かけます。

どの美容室も何かの宣伝をしていることが多く、していない場合もあるとは思いますが、そういうときは立地条件が整っている場合だけです。

しかし、美容室の場合はだいたいはそれほど集客を気にしなくても、自然と顧客が集まるように思うし、スタッフはだいたいは容姿がすぐれているから恵まれていると思い ます。

<PR>