<PR>

美容室・美容院・サロン スマートフォン対応 ホームページ制作

タグ別アーカイブ: リピーター

美容室の集客UPについて

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客UPを計るためにはまず、その美容室を知ってもらう為に宣伝をする必要があると思います。
近所のコンビニやスーパー、カフェなど の飲食店に許可をもらい美容室の広告を置いてもらう事です。その際に割引券やトリートメントサービスや粗品贈呈チケットも付けると尚良いと思います。

また、美容室のホームページやFacebookなどを作り、メニューや価格をしっかり書いたり、お店の日常や雰囲気などを日記を書いて紹介するのもいいと思います。

よく価格を書かないお店が多いのですが、価格が分からないと高いかもと思うと行くのを躊躇ってしまうと思います。

また、フリーペーパーや地域新聞のようなものにお金を払って広告を載せるのも手だと思います。

そして、私も体験した事があるのですが、街に出て、実際にカットモデルを募集するために声をかける事です。
カットモデルを募集する事で、一度お店を体験して良ければリピーター率も高くなると思います。そし て、なるべく若い子に声をかける事です。若い子の美容室の口コミは強いと思います。

友達同士の割引サービスや紹介割引などは絶対だと思います。

これからの美容室集客

WEB集客0円【エキテン】

美容室を営業する上で、集客は外すことができません。店舗を構えてあとはお客様がくるのを待つだけ、というのが美容室や飲食店の経営ですが、これは当然、客がこなければ商売にはならないということでもあります。

かといって義務としてこなすだけではもったいないのが、美容院の集客という分野です。
美容院業界では、いまだに旧態以前の集客方法しかしていない店舗も多く、一見住み分けで落ち着いてしまっているようにみえる地域性の高い店舗でも、集客方法を一歩進めることで、抜きん出た売上を上げることも可能かも しれないのです。

現在それなりに経営をしている、ということであっても、この先を見据えた集客は必須です。

特に費用や人件費が必要にならない、HPやSNSを利用し た集客、宣伝は、積極的に考えていい事例だと思います。
またネットツールは、集客と同時にマーケティングもできるという点でもアドバンテージがあります。

キャンペーンや割引で一時的な顧客を得るよりも、リピーターを得る努力へ集客方向を向けていきましょう。

美容室集客で成功する

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客の難しいところは、いくら集客に重きを置いて、それが成功したとしても、それだけでは利益にはつながらないというところです。
集客はもちろん大事ですが、美容室経営の中核を担うのはリピーターだからです。

つまり、集客の段階から、それがリピートにつながるかどうか、ということを念頭に置いて行わなければなりません。
リピートを考えずに、ただ闇雲に割 引キャンペーンやクーポンでお客を集めたとしても、一時的な効果しかないだけでなく、その為に使った人件費等でマイナス経営になってしまう可能性さえあり ます。

とはいえ集客に労力を割くのが全く無駄という訳でありません。むしろこれからの美容室経営において、HPやSNSを中心としたインターネットでの集 客は必須といっていいでしょう。

ポイントは「何らかのきっかけでHPを見る」→「来店しようと思う」→「リピーターになりたいと思う」という流れをおさえ ることです。この→の部分がスムーズにいけばいくほど、集客は成功していると言えます。

美容院でのいろいろな集客方法

WEB集客0円【エキテン】

昔は不況知らずといわれていた美容院ですが、今は確実に不況の煽りを受けています。

集客しようにも、駅前でも住宅街でもサロンは過剰なほど増え、新規客を取り合うような状態です。

そんな中でも、しっかりした考えを持って集客活動を行なっているお店は、売り上げ実績を伸ばしています。

集客ターゲットは大きく二つにわかれます。

新規客と、すでにカルテのある既存客です。

新しいお客様が増えることは、一番望ましいことですが、
ご来店されたことのあるお客様の中にも、1回しか来られていなかったり、
1年以上来られていなかったり、不定期にときどきいらっしゃる方などがおられます。

そのようなお客様をDMなどによってお誘いし、来店していただけるならば、
新規客を獲得するのと同じ価値があります。

月の集客という話になると、顧客の来店サイクルの短縮も課題になります。

50日周期で来店されるお客様が40日に短縮されれば、
年間7回の来店が9回に増えます。

何人ものお客様が短縮されれば、大きな売り上げアップにつながります。

このように、ターゲットをはっきり定めて販売促進活動を行なえば、

より効率的な集客が出来ると思います。

<PR>