<PR>

美容室・美容院・サロン スマートフォン対応 ホームページ制作

タグ別アーカイブ: 割引券

美容室の集客は、ヘアケア+α

WEB集客0円【エキテン】

ここ数年のうちに、私の近所だけでも新しい美容室がたくさんできました。

そのたびに、新聞の折り込みに、OPEN広告が入っているのも目にしてきました。

これには必ず、初来店限定で、カットやパーマの割引券がついています。

ある意味病院のように、自分の髪の状態をよく知っている主治医である美容師と、そのときの「主訴」をもとに、適切に満足いくような施術を提供してい くことで成し得る信頼関係があるので、美容室が新しくできたからといって、気軽に変えることは個人的にはちょっと抵抗感があります。

お客様が今通っている美容室に対し、何らかの不満がある場合に来店されたときは、顧客に繋がるチャンスなので、しっかりと希望を伺い、接客も含めたすべてのサービスに満足していただけることが大事になってくると思います。

いかに敷居の高さを感じさせず、来店いただけるかはポイントになりますが、それに加え、これからの時代のニーズとしても、普通に髪を切ったり、カラーやパーマをかけるだけの美容室より、もうひとつ何かの工夫やオリジナルがあるお店により多くの集客が見込まれる気がしています。

個人的な案として、カラーやパーマの施術の間に必ず生じる、薬液の浸透のための待ち時間を活用してのサービスが、美容室の集客のカギになると思っています。

美容室の集客UPについて

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客UPを計るためにはまず、その美容室を知ってもらう為に宣伝をする必要があると思います。
近所のコンビニやスーパー、カフェなど の飲食店に許可をもらい美容室の広告を置いてもらう事です。その際に割引券やトリートメントサービスや粗品贈呈チケットも付けると尚良いと思います。

また、美容室のホームページやFacebookなどを作り、メニューや価格をしっかり書いたり、お店の日常や雰囲気などを日記を書いて紹介するのもいいと思います。

よく価格を書かないお店が多いのですが、価格が分からないと高いかもと思うと行くのを躊躇ってしまうと思います。

また、フリーペーパーや地域新聞のようなものにお金を払って広告を載せるのも手だと思います。

そして、私も体験した事があるのですが、街に出て、実際にカットモデルを募集するために声をかける事です。
カットモデルを募集する事で、一度お店を体験して良ければリピーター率も高くなると思います。そし て、なるべく若い子に声をかける事です。若い子の美容室の口コミは強いと思います。

友達同士の割引サービスや紹介割引などは絶対だと思います。

美容室の集客テクニック

WEB集客0円【エキテン】

自分が通っている美容室では、ポイントカードが用意されています。
確か1000円分使用する毎にポイントとしてハンコを押してもらい、ポイントが一定数になると、その美容室で使用できる割引券と交換できるようなシステムになっています。

自分は、ポイントカードなどでポイントをためることは大好きです。基本的にいろいろな店のポイントカードを所有しており、美容室に限らずポイント カードの制度を適用していない店舗には自分はほとんど行きません。
ポイントをために同じ店に何度も行くようになるので、それが結果として店員さんといろい ろとコミュニケーションをとることもできるからです。これが結果として集客にも効果があるのではないでしょうか。

また、ポイントカードを財布に入れておくことで、あるときにポイントカードからその美容室のことを思い出すこともできるのではないでしょうか。
美容 室には行く頻度が他の種類の店舗よりは低いと考えられます。なので、行った美容室を思い出すときにもポイントカードが役立つのではないかと思います。

以上により、ポイントカードにより集客効果も十分に見込めるのではないかと思います。

美容室集客用割引券を利用

WEB集客0円【エキテン】

美容室が集客用に駅前などでよく割引券を配っていますが、私は気になる美容室だったらこの割引券を使って、美容室をどんどん利用してます。

私の住んでいるところは、美容室が多く点在しているので、集客は大変だと思います。それが、駅前で配る割引券の多さになっているのだと思います。

毎日通る駅なのに、毎回ではないですが、違う美容室の割引券を良くもらいます。1回もらったものもありますが、知らない美容室もかなりあるので、相当があるんだろうと思いました。

そのため集客をしなくては、美容室を存続していけないので、割引券を毎日配っているのだと分かりました。

数ある中から、自分のヘアースタイルに合いそうな美容室で、もらった割引券を利用しています。そこが自分にとって良い美容室になった場合は、ずっと 利用するかも知れないですが、移り気な性格なので、あちこちの美容室を試してみたいので、また違う割引券を利用して、他の美容室へ行ってしまうんです。そ れでも本当に良いと思った美容室は、今でも通っています。

<PR>