<PR>

美容室・美容院・サロン スマートフォン対応 ホームページ制作

タグ別アーカイブ: Facebook

美容室の集客UPについて

WEB集客0円【エキテン】

美容室の集客UPを計るためにはまず、その美容室を知ってもらう為に宣伝をする必要があると思います。
近所のコンビニやスーパー、カフェなど の飲食店に許可をもらい美容室の広告を置いてもらう事です。その際に割引券やトリートメントサービスや粗品贈呈チケットも付けると尚良いと思います。

また、美容室のホームページやFacebookなどを作り、メニューや価格をしっかり書いたり、お店の日常や雰囲気などを日記を書いて紹介するのもいいと思います。

よく価格を書かないお店が多いのですが、価格が分からないと高いかもと思うと行くのを躊躇ってしまうと思います。

また、フリーペーパーや地域新聞のようなものにお金を払って広告を載せるのも手だと思います。

そして、私も体験した事があるのですが、街に出て、実際にカットモデルを募集するために声をかける事です。
カットモデルを募集する事で、一度お店を体験して良ければリピーター率も高くなると思います。そし て、なるべく若い子に声をかける事です。若い子の美容室の口コミは強いと思います。

友達同士の割引サービスや紹介割引などは絶対だと思います。

ネット・ホームページによる美容室集客

WEB集客0円【エキテン】

アーティスト系の有名美容室のHPは、軒並みデザイン重視で見にくい、という傾向にあります。
これはHPが集客目的ではなく、むしろブランディングのためにつくられている、ということです。

そういった美容室は、雑誌等の他媒体、芸能人のブログやインタビューでの紹介といった集客方法を多量にもっているため、現在のところはそういったホームページ(HP)でも十分に役目を果たしているといえるのです。

当然この方法は、一般的な美容室では通じる手段ではありません。
もちろん、美容室のHPを顧客がみる目的の中には、センスを判断するということも含まれてはいますが、それ以上に集客のためには「情報が見やすいこと」「検索にひっかかりやすいこと」が重要になってきます。

以上の点を効果的に行うために、専門のデザイナーや業者を利用するのもよいかと思います。

検索対策としては、外部ブログをリンクして更新するのも効果的です。
Facebook(フェイスブック)利用も広まってきてはいますが、現在のところ、HPからFacebook(フェイスブック)へ誘導という形が多いことから、優先順位としてはHPとブログが上ということになるでしょう。

美容室の集客目的の広告

WEB集客0円【エキテン】

最近集客ということにとても興味があります。

というのも、今までの紙ベースのものからインターネット広告にかなりの部分がシフトしてきたからです。

たとえば私のよく行く美容室ではハガキの類いはもうなくしたんだそうです。

私が先日「そういえば最近誕生日のはがきとか来ないですよね?前はクーポンがもらえて楽しみだったのに」と言うと、「あ!はがきは希望する人だけにしか出さなくなったんですよ。その代わりさらに割引率を少しよくしたものをメールで直接送っています」とのことでした。

私のように時代のシフトに気づかないまま放ってある人もたくさんいるとは思うのですが、それでも全体的にはどんどんネットのペーパーレスに移行しているようです。

集客に関する観点からもお店がFacebook(フェイスブック)をやったり、そこでお友達を紹介したら半額などやっているので、完全に集客方法も変わってきたなという印象を受けています。

私も必死に時代に乗り遅れないようにしなければと思いました。

<PR>